デリシアオリジナル「松本山雅FC応援弁当」⚽
中南信地区のデリシア店舗で販売中!

<こちらのパッケージが目印です!>

 

 

 

「松本山雅FC応援弁当」販売について

【販売期間】 2022年6月11日(土) ~ 2022年11月20日(日)

 

【販売日時】 土曜日・日曜日・祝日を中心に数量限定販売

 

【販売店舗】 中信地区デリシア19店舗(松本駅前・庄内・石芝・神林・広丘・桐・梓川・穂高・惣社・寿・波田駅前・豊科・あかしな・塩尻東・元町・大町・塩尻・吉田原・寿豊丘)

       南信地区デリシア3店舗(伊那インター・辰野・岡谷)

 

【販売価格】 本体価格598円(参考税込646円)

 

 

 

「松本山雅FC応援弁当」イメージ(250mm×200mm×40mm)

 

 

 

 

 「松本山雅FC応援弁当」は、アルピコグループ各社から選抜された若手メンバーによる「イノベーション研究会」が企画しました。

松本山雅FCは地域への貢献度が高いクラブであり、多くの熱心なサポーターに支えられていること、また、サポーターの多くが長野県内在住であり、地域に根差すアルピコグループとの親和性が高いことから、「アルピコグループ×松本山雅FC」のコラボ商品として企画しました。

 

 食材には、目玉として松本山雅FCが栽培している塩尻市生まれの青大豆「あやみどり」を使用し、ふっくらもっちりと炊き上げて、おこわ風の豆ご飯に仕上げました。

そのほかにも、山賊焼、長芋の甘酢だれといった地元・松本らしい食材、子どもにも人気の玉子焼、ナポリタンを盛り込みました。

 

 

 「あやみどり」の売上は、松本山雅FCが取り組んでいる「スマイル山雅農業プロジェクト」の活動費や地域の子どもたちを対象とした食育に関する活動への費用、障がい福祉サービス事業所の利用者の作業工賃として活用され、「松本山雅FC応援弁当」を買って食べることでクラブと地域の双方を応援できる商品です。

 

◆スマイル山雅農業プロジェクトとは?

   松本山雅FCのホームタウン活動の一環として、地域社会の活性化と、地域の課題解決に貢献するため、松本市・安曇野市内の遊休農地での「あやみどり」の栽培を通じて、「遊休農地の活用」「地域住民の交流活性化」「青少年の育成」に取り組んでいます。

   プロジェクトで収穫したあやみどりは地域の学校・保育園で給食として提供されているほか、大豆の選別作業は障がい福祉サービス事業所の利用者様にもご協力いただいており、あやみどりの売上の一部は、利用者様の工賃になってます。

 

一覧へ戻る

カテゴリー

月別アーカイブ